2011年09月08日

AnDosBox - elfの同級生を動かしてみる

AnDosBoxに限ったことではなく、日本語表示のためにDosBox系全般で用いられている方法だと思います。

用意するもの

DOSj本体
8x16、もしくは、16x16のビットマップフォント(例えば、kijis16.fnt)
同級生(Dos/v版)


まず、同級生をPCにインストールします。そして、インストールされたディレクトリ「NANPA」をそのまま/sdcard/dosbox/に移動させます(/sdcard/dosbox/をcドライブとしてマウントしているとした場合の話です)。そして、nanpaフォルダーにあるnanpa.batをエディターでひらいて、mouseの行をコメントアウト、もしくは、削除します。

DOSjは、解凍して、cドライブのルートに置きます。
適当なフォルダをcドライブに作って用意したフォントをそこにまとめておきます。例えば、fontというフォルダをつくったとしましょう。

コマンドラインで、次のようにうつことでdosjが導入されます。

dosj c:\font

いつもdosjを利用するのであれば、dosbox.confの[autoexec] のセクションに記述しておいた方がよいでしょう。。

また、サウンドを出力するために[sblaster]のセクションを次のように変更します。
sbtype=sb16
sbmixer=true
oplmode=opl3
oplemu=fast
oplrate=22050

あとは、同級生を起動させるだけです(IS01での右クリックは、Alt+8)。
この方法で動作するゲームが多数あります(動かないものもたくさんありますが)。

IS01_elf.jpg


posted by kumaho at 21:51| Comment(3) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Thanks!
Posted by 無名 at 2012年02月22日 09:46
はじめまして。
DOS/V版の「同級生」をDOSBoxで動かそうと思ったのですが、何処のサイトを見てやってもダメで半泣きでした(笑)
が、このDOSjのやり方で簡単にできました!
この記事が無ければ諦めていたかもしれません・・・
本当にありがとうございました。

この記事をリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
Posted by junky at 2016年05月02日 22:00
junky様
お役に立てて幸いです。リンクは、ご自由にどうぞ。
P.S. 私も駿河屋で時々購入しています。(;^ω^A
Posted by kumaho at 2016年05月02日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225058933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。