2013年11月09日

Open Pandora - Windows3.1環境のメモ

PandoraでWindows3.1を動かすとなるとqemuかDosBoxベースのWinBoxかのどちらかになると思う。素のDosBoxを使う意味は、全くなさそう。

感覚的なもので説明しにくいが、qemuは、スピードは、遅いが動きは、スムーズな印象。ただし、タッチパネルでの操作は困難。

WinBoxは、全般的なスピードは、はやいが、所々ひっかかるように感じる(DosBoxも同様)。ただし、タッチパネルでの動作は完璧。さらに800x480のディスプレイ用にドライバを(DosBox側も)改造してしまうというのは素晴らしい。ひしゃげたり、中央に表示されて左右があいてしまうではなく、pandoraの画面に合うようにWindows3.1が表示されるのはとても嬉しい。



posted by kumaho at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379768100

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。